スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業のいろいろ

スポンサードリンク

営業と言っても外回りの営業もあれば、営業事務のように営業をサポートする仕事もありますし、広義には事業そのものが営業です。普段の生活では私たちは営業時間や営業日しか気ににしていませんが、会社に入れば営業所に配属され、営業権や営業代行などの仕組みや言葉を学び営業日報を書いて営業報告をするという生活が待っています。もちろん経理マンや技術者の場合は直接的な営業とは関係ありませんが、事業活動そのものが営業である以上、これらの仕組みや書類になんらかの形で関わって行くことになります。

また営業マンと一口に言っても、電話での営業や飛び込み営業、ルート営業、海外営業、生命保険の営業など、本当に同じ「営業」と呼んでいいのかと疑問に思うほどいろいろな営業スタイルがあります。どんな営業にしろもちろんはじめは右も左も分かりませんから、営業研修を受けたり実際の営業の中でOJTとよばれる方式で学んで行くことになります。

営業マンになる資格というのは特にありませんが、企業の場合は営業のための代理店契約を結んだり、営業保証金をつんだり、営業許可証(営業許可書)を手に入れたりして初めて営業が可能になります。

最近はメールやプレゼンテーションソフトなどの普及によって、営業の方法も昔と変わってきていますが、営業とは基本的には人間関係であるとともに、営業の成否は個々の営業マンの能力によるところが大きいのです。

経理的には営業利益あるいは営業利益率は利益を表す指標として一番直接的なものです。
文字通り営業活動を通じて生じた利益のことを指しているので、儲かっているのかどうかを直接的に知ることができます。また最近は営業キャッシュフローが指標として使われる機会も増えています。

ヤングハローワーク

スポンサードリンク

ヤングハローワークとは、若者の就職や転職を支援するための施設です。

具体的には、大学・短大・高専・専修・高校を卒業予定の学生達や長期フリーター、就労未経験者などの若者の就職を支援しています。
渋谷、横浜、札幌、長崎など各地にあります。施設によって対象年齢は異なってきますし、名称もヤングハローワークヤングジョブスポット、ジョブカフェ、若者就職支援センターなどいろいろです。

提供される支援内容も、その地域によって差があるようですが、一般的には

・求人情報の提供
・就職に関する相談や職業の紹介
・就職に関する情報の提供(企業説明会や就職面接会の開催など)
・パソコンを使った職業適性診断

などです。

専門のカウンセラーが就職カウンセリングを行ってくれたり、パソコン講習会でワードやエクセルなどの使い方を学べたり、求人雑誌の閲覧をしたり、就職に必要な履歴書の書き方や面接の受け方などの知識を得ることもできます。

これらの施設は、若者が集まりやすい繁華街に設置されていて気軽に立ち寄ることができるようになっています。

あくまでも本人の希望に応じての就職支援であって、就職を強要されたりすることはありません。
正社員での就職を希望しているのであれば行ってチェックしてみてはいかがでしょう。

ヤングハローワークの中には、中学生や高校生を対象にしたプログラムをもっている施設もあります。

ハローワークの職業訓練斡旋

スポンサードリンク

ハローワークのサービスの中には職業訓練の斡旋というものもあります。

雇用保険受給資格者で再就職を目指す人に対して、ハローワークが職業訓練の斡旋をしているのです。
昔から手に職があると強いなどといわれますが、求職者が再就職するために必要な、あるいは有利となるスキルを身につけさせて、早期再就職が実現できるように支援しているのです。

この職業訓練の斡旋は、受講料を国が負担してくれます。そして当然スキルが身につきます。
教科書代などにかかる実費は自己負担となりますが、職業訓練期間が終わるまでは規定の給付日数にかかわらず失業手当を受け取れますから、しっかりとスキル習得に専念することが可能です。大変良い制度ですが、実はこの制度を利用して、再就職する気がないのに失業手当の給付期間を延ばす人もいるそうです。あるいはスキルを習得するためにわざわざ離職する人もいるのだとか。

実費のみで身につけたいスキルを学ぶことができ、そのうえ失業保険までもらえるのですから、積極的に利用した方がいいですよね。

職業訓練が受けられるコースについては、「求職者向け公共職業訓練コース情報」というサイトでチェックすることができます。ただし訓練期間はそのコースによって違いますし、それぞれ募集期間が決まっているため、希望するスキルを習得できる職業訓練の斡旋が受けられるかどうかはタイミングに左右されます。
また職業訓練の申込みは全てハローワークを通して行い、希望者が募集定員以上にいる場合は、受けられないこともあります。斡旋だからと言って受講条件が甘いわけではなく、コースの中には書類選考や面接、あるいは筆記試験などを通じて受講者を選抜するコースもあるようです。私用で欠席した場合にはその分の失業手当がもらえなくなりますし、習得するスキルの難易度が高い場合には一日の大半を拘束されたりもします。

しかしハローワークで職を探しながら、合間に職業訓練を受けてスキルを高められるのはありがたいことです。


sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。