スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書のテンプレート

スポンサードリンク

企画書のテンプレートは簡単に手に入れることができます。インターネット上にもテンプレートを無料でダウンロードできるサイトがありますし、CD-ROMとしても売られています。書籍の付録になっていることもあります。ビジネスの効果を高め、効率化を図るために企画書に限らず、テンプレートを利用したりフォーマット化を図ったりすることは重要です。

企画書のテンプレートを無料でダウンロードできるサイトの中には、会員登録が必要なところも多いようです。書籍やソフトの紹介のメールが届くこともありますが、私が経験した限りではしつこい売込みが来たりするようなことはありませんでした。

企画書とひとくちに言っても、企画書を作る際に使用するソフトが、ワードなのか、エクセルなのか、パワーポイントなのかなどによっても、必要な企画書のテンプレートは変わってきます。

企画書のテンプレートがダウンロードできるサイトをいくつか紹介したいと思います。

書式の王様:
会員登録をする必要がありますが、豊富なテンプレートの中から目的に合ったものを検索可能です。企画書を書く機会が多いのならば、登録しておきたいサイトです。スケジュールや予算、添付資料のテンプレートまでひととおり揃っています。ここに登録しておけば企画書のテンプレートで困ることはほとんどないでしょう。

BB-WAVE.com:
ここの企画書テンプレートは、テーマに合わせてデザインを選択できますので、TPOに合わせた企画書作りに役立ちます。
テンプレートをダウンロードするためには、BB-WAVE CLUBへ無料会員登録する必要があります。

テンプレートBANK:
有料でも人とは違う個性的なテンプレートで企画書を作りたいという人には、こちらがオススメです。企画書のテンプレートだけではなく、ビジネスマンに役立つコンテンツがたくさん揃っていて、名刺のテンプレートやエクセル伝票、プレゼングラフなどを手いれることができます。

企画書の書き方のポイント

スポンサードリンク

企画書の書き方のポイントは、5W2Hを明確にすることです。

5Wとは、「Why(どうして)」、「What(何を)」、「When(いつ)」、「Who(誰が)」、「Where(どこで)」です。
2Hとは、「How(どうやって)」、「How much(いくらで)」です。

基本的なことですので、この5W2Hは必ず盛り込んでください。

この企画書を書いた理由(Why)、提案する内容(What)、予定している日程やスタート時期(When)、企画書の内容を実現するのは誰か(Who)、企画の対象となる場所(社内向けの企画書の場合は部署などのこともある)はどこなのか(Where)、どうやって実現するのか(How)、想定される予算や利益などはいくらなのか(How much)

などをあらかじめ項目タイトルとして書き始めても良いでしょう。

ただしだらだらと書いてはいけません。要点をを簡潔に書くように心がけてください。

新商品や新サービスの提案の企画書の場合は、5W2Hに加えて 1T(ターゲット)を明確にします。

ここでいうターゲットとは、その企画を行う対象を指します。企画書は読んだ相手を納得させ、アクションに移してもらうことが目的なので、相手を説得するのに十分な客観的な視点と提案を裏付ける根拠を示す資料も重要になってきます。

中身のないぺらぺらの企画書ではいけませんが、企画書が分厚過ぎると読む人の負担になってしまうかもしれません。企画書の提出先、読み手の状況を考慮して、企画書自体は要点を押さえてシンプルにまとめつつ、資料を別に添付するというやり方も有効です。

また、すでに前例がある事項についての企画書を書く必要に迫られた場合には、前例を批判することは絶対にしてはいけません。
社内の場合は読み手が以前の企画書の関係者かもしれません。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

企画書作成

スポンサードリンク

企画書作りというのは、会社に入って悩むことのひとつです。学生時代は何らかの企画をすることはあっても、それを査定されたり、それによって収入が左右されるというシーンはなかなかありません。
企画書の作り方では大切なことが二つあります。
それは「その企画書は誰に提出するものなのか」、「その企画書の決裁権は誰にあるのか」ということです。

その企画書の内容が、企画書を読む人にとって魅力的なものでなければ、たとえ読んでもらえたとしても結果を出すことが難しくなります。企画書の提出先の特に決裁権を持つ人にとって、どういった説明なら魅力を感じてもらえるのか意識することが企画書作成の重要な要点です。

その企画を実行した場合に、どんな結果が得られるのか。企画書を受け入れた人にとってどんなメリットが生じるのかを示さないといけません。企画に興味をもってもらう、企画を理解してもらう、企画を受けいれ実行してもらうというように、企画の実現までにはいくつものハードルがあります。

自分の思いつきを紙に書いたものが企画書ではないのです。

現在の状況はどうなっているかという調査や実現のための課題は何かなどのデータの収集や検討も重要です。アイディアをひねり出して整理するだけなら、紙と筆記用具があれぱできますが、情報収集や資料作り、インパクトのある仕上げを行うにはパソコンが必要です。あえて手書きの企画書で訴えるという方法もなくはないですが、情報の加工や見た目を考えるとやはりパソコンを使うべきでしょう。

ワードやエクセル、パワーポイントは定番ですが、アイディアプロセッサやアウトラインプロセッサなど企画書作成に適したソフトもありますので、試してみると良いです。アイディアプロセッサというソフトにはなじみがないかもしれませんが、アイディアをまとめるのに重宝します。

また企画書は、分かりやすさと同時に客観的なものになるよう心がけましょう。企画への熱意は大切ですが、ひとりよがりのものになってはいけません。根拠をデータで示すようにすると信頼性が増します。

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。