スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書の書き方のポイント

スポンサードリンク

企画書の書き方のポイントは、5W2Hを明確にすることです。

5Wとは、「Why(どうして)」、「What(何を)」、「When(いつ)」、「Who(誰が)」、「Where(どこで)」です。
2Hとは、「How(どうやって)」、「How much(いくらで)」です。

基本的なことですので、この5W2Hは必ず盛り込んでください。

この企画書を書いた理由(Why)、提案する内容(What)、予定している日程やスタート時期(When)、企画書の内容を実現するのは誰か(Who)、企画の対象となる場所(社内向けの企画書の場合は部署などのこともある)はどこなのか(Where)、どうやって実現するのか(How)、想定される予算や利益などはいくらなのか(How much)

などをあらかじめ項目タイトルとして書き始めても良いでしょう。

ただしだらだらと書いてはいけません。要点をを簡潔に書くように心がけてください。

新商品や新サービスの提案の企画書の場合は、5W2Hに加えて 1T(ターゲット)を明確にします。

ここでいうターゲットとは、その企画を行う対象を指します。企画書は読んだ相手を納得させ、アクションに移してもらうことが目的なので、相手を説得するのに十分な客観的な視点と提案を裏付ける根拠を示す資料も重要になってきます。

中身のないぺらぺらの企画書ではいけませんが、企画書が分厚過ぎると読む人の負担になってしまうかもしれません。企画書の提出先、読み手の状況を考慮して、企画書自体は要点を押さえてシンプルにまとめつつ、資料を別に添付するというやり方も有効です。

また、すでに前例がある事項についての企画書を書く必要に迫られた場合には、前例を批判することは絶対にしてはいけません。
社内の場合は読み手が以前の企画書の関係者かもしれません。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。