スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業とは何だろう

スポンサードリンク

営業とは、営利(利益)を得ることを目的とした業務(活動)のことを指します。企業活動そのものが営業です。ですから、お店が開店している時間を営業時間と呼びます。またセールスマンが商品を売り込むために行う活動を営業と言っています。

そして会社の中で商品の販売を担当する人を営業職、営業マン、セールスマンなどと表現します。これはより狭い意味での具体的な営業活動を意味しています。

営業とは、いってみれば社会活動の中心となる活動です。どんな職業に従事していても、相手がいます。この相手のことを顧客あるいはお客などと呼びますが、そのお客に何らかの商品を売って、利益を得て会社の収入あるいは個人の収入につなげているわけです。

扱う商品の種類によっても、必要な営業手法は違ってきますが、営業とはとにかく相手に「売る」「販売」することです。簡単に言ってしまえば、たくさんの人に何度も売ることが営業として成功することです。もちろん良い商品を扱うことでたくさんの人に何度も売れる場合もありますが、同時に営業が大変重要です。たとえどんなに良い商品でも、その商品の存在を知ってもらえなければ売れはしません。商品の存在を知ってもらっても、その商品のよさを認めてもらえなければやはり売れません。

そこで営業が必要なのです。話術などを活用して、自分が売りたいる商品のメリットをお客にアピールして、相手にその商品がほしいという気持ちになってもらうのが営業の仕事です。営業マンは、相手に話を聞いてもらうまでが大変です。初対面であればなおさらです。

そのため、知らない人に物を売るスキルさえ身につけることができるなら一生食べることに困らないといわれるほど、営業は社会活動に求められている仕事なのです。営業をうまくすするためには売るためのコツがあります。「慣れ」ということも無視はできませんが、人間心理を知って、その心理を利用した販売テクニックを知らなければ、商品を売るどころかお客に話も聞いてもらうことができません。

そのことを知った駆け出しの営業マンは、営業テクニックを知るためのセミナやノウハウ本などで、営業の知識と技術を身につけようやっきになるのです。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。