スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び込み営業のコツ

スポンサードリンク

飛び込み営業とは事前のアポイントもなしに、相手先に訪問し、話を聞いてもらって売り込むというスタイルの営業手法です。この飛び込み営業は、新人営業マンの研修として度胸をつけさせるために行う場合や、宣伝広告費をかけられない中小企業がやむを得ずに行うケースが多いようです。

飛び込み営業は、正式にアポイントメントを取って行う営業と比較すると非効率的ですし、当然成果も上がりにくくなります。そもそも訪問を受ける側もあまり良いイメージをもたないので、営業マンも嫌がることが多いです。

断られることに慣れて、それでも売り続けるのが営業の極意だという考え方もありますが、何度も断られ続けているうちに、営業行為自体がイヤになってくるという心配もあります。

先輩営業マンのアドバイスによると、飛び込み営業は断られて当たり前だということを理解したうえで、売ろうとしているものに興味を持っている人を探し出すのだという考え方が飛び込み営業継続の秘訣だということです。
何度でも根気よく訪問しているうちに相手が熱意に負けて・・・というのは実際にはなかなかありえません。同じ客先に繰り返し訪問することが無駄とは言い切れませんが、常に新しく興味のある相手を探すという取り組みの方が結果として成果に結びつくようです。

飛び込み営業はモチベーションをいかに持続するかがカギですが、会社や個人宅を手当たり次第に訪問するというのではなく、記録をつけながらある程度の方針と計画をもって臨むことが実は重要です。担当者の不在、住人の留守。カタログは渡せた。挨拶はできた。など短いメモでよいので、再訪問する価値がありそうな相手を記録します。応対の感触等も意外にあとから役立つのでメモしましょう。

飛び込み営業の成功率は100件の訪問に対して1件の成約があれば上出来ともいわれています。

商品によっては話をする前に断られることも多いのです。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。