スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接対策で重要なこと

スポンサードリンク

就職面接対策はしたほうが良いと思いますが、
しすぎては良くないともいえます。

どういうことか?

面接の準備をしすぎると
多くの場合、予想外の展開に
戸惑うことが多いからです。

基本的には面接というのは
どこでも同じです。

面接官は必ずしも
人事のプロではありませんし、

面接官のタブー(してはいけない質問)も
存在します。

加えて多くの企業は
常識を備えた人物を採用したいと思うわけですから、
結果としてはどうしても同じような面接になります。

自己紹介をし、志望動機を話し、
自己PRをする。

どの就活本でもサイトでも
書いてあることはだいたい同じです。

その中で面接のマナーを心得ているか
面接の質問に的確に答えているか
適切な逆質問をしているか。

アルバイトと就職の違いを理解しているか
などを見極めるのが面接の目的です。

リクルートにふさわしい
清潔感ある服装や髪型で
面接に臨むのはいうまでもありません。

採用面接は
一次面接、二次面接
(場合によっては三次、四次)
があって

役員面接で採用されるかどうかが
決まります。

面接の内容というよりも
面接に臨む態度や
メールや電話でのやりとりが
きちんとできるかどうかのほうが
重要です。

緊張してあがってしまっても
問題はありません。

もちろん言葉がしゃべれない状態では
困りますが、多少舌をかんでしまっても
しどろもどろになってしまっても
大丈夫です。

企業としても
採用したいのはロボットではなく
人間なのですから。

そういうことに悩むよりも
履歴書をきちんと
常識を守って作成しているか

自分の長所短所を正しく理解し
それに基づいた行動を
とろうという心構えがあるかどうか

そういったことを確認するようにしましょう。

転職の場合には
退職の理由や
その会社の志望の動機などが
重要視されることも覚えておきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。