スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13歳のハローワーク

スポンサードリンク

「13歳のハローワーク」という本を知っていますか?

芥川賞作家の村上龍さんが幻冬舎から出版した職業紹介本です。出版は2003年11月でした。

455ページもの厚みと2,730円という価格。514種の職業を紹介していることで話題となりました。



2005年11月までに発行部数113万部を超えるベストセラーになったという話を聞いたことがあります。
今はどのくらいになっているのでしょうか。

小・中・高校の参考図書としても多く採用されているそうです。

「13歳のハローワーク」には、著者の村上龍のいろいろなメッセージがこめられています。

「人生は一度しかない。好きで好きでしょうがないことを仕事にしたほうがいいと思いませんか?『いい学校を出ていい会社に入れば安心』という時代は終わりました。13歳から大人まで、自分の本当に好きなことをもう一度よく考えて仕事を選ぼう!」というのがテーマです。


子供にわかりやすい文章で書かれていて、タイトルも「13歳のハローワーク」となっていますが、この本は大人向けの本でもあるのです。「13歳のハローワーク」の公式サイトは現在でも残っていて、更新されています。

2008年には、「13歳のハローワークDS」というニンテンドーDSソフトも発売されました(デジタルワークスエンターテイメント)。



「13歳のハローワーク」の評価は高いのですが、職業の紹介の仕方に主観が混じっていると批判する人もいます。紹介されていない職業も多数ありますし、情報が正しくなかったり不充分だったりするという指摘もあります。しかし政府公認の公式職業ガイドというわけではなく、一作家が書いた職業カタログとしてみた場合、職業を考える人だけでなく、おおげさにいうならば人生を考えるためのてがかりとして大きな意味の有る一冊だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。