スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業保険 会社都合

スポンサードリンク

失業保険を受ける場合、退職理由によって受け取り条件が変わります。「会社都合」か「自己都合」かで違ってくるのです。

会社都合であれば、三ヶ月の給付制限期間がないので、給付期間が長くなります。給付期間が長いということは、もらえる金額も増えることになります。場合によっては会社都合と自己都合では100万円近い差が生じることもあるでしょう。

ですから、できるだけ会社都合で退職した方が得なのです。それなのに、どうして多くの方は自己都合退職をしてしまうのでしょうか。

会社側に辞表を書くようにいわれるケースもあるでしょう。辞表を書いてしまうと、自分の意思で辞めることになりますから、自己都合退職になってしまいます。会社がなんと言おうと、自分の意思で辞めるのでないならば、辞表を書かないほうが失業保険で受け取れる金額は多くなります。

自分の意思で辞めることを決めた場合であっても、理由によっては会社都合退職になります。
たとえば、パワハラやセクハラ、いじめなどがあった場合や、採用条件と労働条件の著しく異なった、賃金が継続して支払期日までに二ヶ月以上も三分の一以下しか支払われなかった、残業手当を除いた賃金が従来の85%未満に変更になった(ただし予見が困難であるケースのみ)など場合がそれにあたり、会社都合退職になります。


リストラも当然、会社都合の退職です。一見すると自己都合退職のように思われている場合でも、実際には、会社都合の退職だというケースはしばしばあります。会社側としては、いろいろな不都合を避けたいので、なるべく自己都合退職にしようとすることでしょう。

会社の立場から見てみると、会社都合退職にした場合には、退職金の上乗せをする必要がありますし、他の雇用に影響が出たり、行政からの助成金が削減されたりといったデメリットが予想されるからです。

会社を辞めるのであれば、そんな会社側の都合は関係ありません。自分の意思で辞める場合を除いては、会社都合退職となるように努力するのは当然のことです。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。