スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業手当の計算方法

スポンサードリンク

失業手当を計算するには、最初に、在職中の給料の平均額を算出することから始めます。

計算式は、

賃金日額=ボーナスを除いた退職前6ヶ月の給料の総額(残業代や通勤手当なども含む)÷180(30日×6ヶ月)の約50~80%の金額になります。

給付率は離職時の年齢や賃金日額の金額によって変わります。
具体的には、賃金日額の金額が低いほど、給付率が高くなります。

失業保険は、原則として離職した日の翌日から一年間が給付期間とされています。

その間に三十日以上働けない状態になった場合は、給付期間を延長することができますが、手続きが必要ですし、延長できるのは働けなかった日数の分だけです。また原則として最長で三年までしか延長できません。

雇用保険の一般被保険者が求職者給付の基本手当の支給を受けられる日数(所定給付日数)は、離職日の年齢、雇用保険の被保険者だった期間、離職の理由によって、90~360日の間で決められます。

特定受給資格者と特定理由離職者は、一般の離職者よりも手厚い給付日数になることがあります。
特定受給資格者とは、倒産や解雇により突然の離職を余儀なくされた者。
特定理由離職者とは、やむを得ない理由で離職せざるを得なかった者です。

そのほか、公共職業訓練等を受講しているといくつかのメリットがあります。訓練期間中に所定給付日数が終了しても、訓練が終わる日まで引き続き基本手当が支給される他、受講手当や通所手当てなどが訓練受講に必要な費用として支給されるのです。
ただし、公共職業訓練は誰でも受けられるわけではありません。所定給付日数内の支給日数が一定以上残っていることが必要です

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。