スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの企画書

スポンサードリンク

ゲームの企画書というのは、一般の方にはなじみがないかもしれませんがなかなか興味深いものです。
まずゲームの企画書を書くのは、通常、ゲーム製作の中心人物でもあります。ゲーム製作のためには、様々な技術やタレントが必要になり、作業量も多大なものになります。所要プレイ時間が長くなればなるほど、そのゲーム製作にはどたくさんの人が必要になります。

ゲームメーカーの企画担当者(プランナー)の採用試験でも、「ゲーム企画書の提出」という課題が出されることがあるそうです。

「島国大和のド畜生」というサイトには、「ゲーム企画書の書き方:新卒篇」というタイトルの記事が掲載されており、とても興味深く読みました。たとえで趣味でゲームを作る場合でも、何人かの共同作業の場合はどんなゲームを作っていくのかをメンバーに説明し、イメージを共有したりする必要があります。

そういう場合にも企画書は作た方が良いでしょう。ビジネスにおいてはさまざまなプロジェクトで企画書の重要性がうたわれていますが、ゲーム製作という特殊性を考えると企画書は必須だといえます。
最初の準備段階でアイディアを煮つめておかないとゲームの完成すら怪しくなります。
ただなんとなくゲーム製作を始めてしまった場合にはすぐに行き詰まることになってしまいます。

企画書作成は面倒なものですが、アイディアをたくさん出したり、整理したりするという意味からも企画書を書くのです。手間を惜しんでは、面白いゲームは作れません。

ゲームの企画書は、ひとりよがりの企画書にならないようにしなければなりません。自分だけにしかわからないのでは、企画書にする意味がないのです。ゲームのストーリーや設定などを長々と書く必要はないのですが、そのストーリーによって伝えたいテーマやストーリーのあらすじは欠かせません。
細かい点については、企画が通ったあとでまた相談しながら、作業工程表や分担表を作ることになりますので、それからでも構いません。

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。