スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業のいろいろ

スポンサードリンク

営業と言っても外回りの営業もあれば、営業事務のように営業をサポートする仕事もありますし、広義には事業そのものが営業です。普段の生活では私たちは営業時間や営業日しか気ににしていませんが、会社に入れば営業所に配属され、営業権や営業代行などの仕組みや言葉を学び営業日報を書いて営業報告をするという生活が待っています。もちろん経理マンや技術者の場合は直接的な営業とは関係ありませんが、事業活動そのものが営業である以上、これらの仕組みや書類になんらかの形で関わって行くことになります。

また営業マンと一口に言っても、電話での営業や飛び込み営業、ルート営業、海外営業、生命保険の営業など、本当に同じ「営業」と呼んでいいのかと疑問に思うほどいろいろな営業スタイルがあります。どんな営業にしろもちろんはじめは右も左も分かりませんから、営業研修を受けたり実際の営業の中でOJTとよばれる方式で学んで行くことになります。

営業マンになる資格というのは特にありませんが、企業の場合は営業のための代理店契約を結んだり、営業保証金をつんだり、営業許可証(営業許可書)を手に入れたりして初めて営業が可能になります。

最近はメールやプレゼンテーションソフトなどの普及によって、営業の方法も昔と変わってきていますが、営業とは基本的には人間関係であるとともに、営業の成否は個々の営業マンの能力によるところが大きいのです。

経理的には営業利益あるいは営業利益率は利益を表す指標として一番直接的なものです。
文字通り営業活動を通じて生じた利益のことを指しているので、儲かっているのかどうかを直接的に知ることができます。また最近は営業キャッシュフローが指標として使われる機会も増えています。
スポンサーサイト
sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。