スポンサーサイト

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業認定申告書

スポンサードリンク

失業認定申告書は、失業者がハローワークに提出しなければならない書類です。失業認定申告書によって、自分は求職していることハローワークにアピールするのです。

離職し、ハローワークで求職の申込みをして離職票を提出することで、受給説明会の日時を教えてもらいます。
そして受給説明会に行くと、雇用保険制度の説明を受けた後、雇用保険受給資格者証と失業認定申告書を受け取り、第一回目の失業認定日を教えられるのです。

失業者は、原則として四週間に一度、失業状態にあることの確認(失業認定)を行います。ここで注意が必要なのですが、ハローワークが定義する失業とは、一般の概念とは異なるのです。

ハローワークがいう失業とは「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」という状態を指しています。

基本手当の支給を受けるには、最初の失業認定日までに一回の求職活動、その次の失業認定日までに原則として二回以上の求職活動を行った実績が必要です。

「求職活動を行った実績」とは、以下のようなことをいいます。

・求人への応募、
・ハローワークが行う職業相談や職業紹介等を受けたこと、
・各種講習、セミナーの受講」、
・再就職に資する各種国家試験、検定等の資格試験の受験

求人情報を閲覧したり、知人に就職の紹介依頼をしたりしているだけでは、求職活動とは認められません。ハローワーク、新聞、インターネットなどどのメディアを利用しようとも、前述のような「実績」が必要なのです。

待機日が終わって、失業認定を行った日から約一週間で、基本手当を受け取ることができます。

ぼんやりしていて必要な作業を怠けていると手当てをうけとることができませんので、ご注意を

sidetitle目次sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

myinfo

Author:myinfo
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。